Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発

testコマンド

便利なコマンド「test」

【書式】
test [条件式]
[ [条件式] ]

条件式
-e [ファイル] 指定したファイルが存在すれば真を返す
-d [ファイル] 指定したファイルが存在し、ディレクトリであれば真を返す
-h [ファイル]、-L [ファイル] 指定したファイルが存在し、シンボリックリンクであれば真を返す
-r [ファイル] 指定したファイルが存在し、読み取り可能であれば真を返す
-s [ファイル] 指定したファイルが存在し、ファイルサイズが1以上であれば真を返す
-w [ファイル] 指定したファイルが存在し、書き込み可能であれば真を返す
-x [ファイル] 指定したファイルが存在し、実行可能であれば真を返す
[ファイル1] -nt [ファイル2] 指定したファイル1の更新日時がファイル2の更新日時より新しければ真を返す
[ファイル1] -ot [ファイル2] 指定したファイル1の更新日時がファイル2の更新日時より古ければ真を返す
[文字列1] = [文字列2] 文字列1と文字列2が同じであれば真を返す
[文字列1] != [文字列2] 文字列1と文字列2が異なれば真を返す
[数値1] -eq [数値2] 数値1と数値2が同じであれば真を返す
[数値1] -ne [数値2] 数値1と数値2が異なれば真を返す
[数値1] -lt [数値2] 数値1が数値2より小さければ真を返す
[数値1] -le [数値2] 数値1が数値2より小さいか同じであれば真を返す
[数値1] -gt [数値2] 数値1が数値2より大きければ真を返す
[数値1] -ge [数値2] 数値1が数値2より大きいか同じであれば真を返す
! [条件式] 条件式が偽であれば真を返す
[条件式1] -a [条件式2] 条件式1と条件式2の結果が共に真であれば真を返す
[条件式1] -o [条件式2] 条件式1と条件式2のいずれかの結果が真であれば真を返す
605 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*