Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発

BINDのバージョンを隠ぺい

BINDが稼働しているサーバーに、以下のようなコマンドを実行するとBINDのバージョンが分かってしまいます。

$ dig @ネームサーバーのアドレス chaos txt version.bind

これを隠してしまうよう設定を変更しましょう。

まず設定前の状態を確認します。

$ dig @dns.example.jp chaos txt version.bind

; <<>> DiG 9.3.6-P2 <<>> @dns.example.jp chaos txt version.bind
; (1 server found)
;; global options:  printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 37859
;; flags: qr aa rd; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;version.bind.                  CH      TXT

;; ANSWER SECTION:
version.bind.           0       CH      TXT     "9.2.4"

;; AUTHORITY SECTION:
version.bind.           0       CH      NS      version.bind.

;; Query time: 45 msec
;; SERVER: 192.168.1.0#53(192.168.1.0)
;; WHEN: Wed Dec  4 13:52:17 2013
;; MSG SIZE  rcvd: 62

ANSWER SECTIONにバージョンが返ってきてしまいます。

named.confのoptionsに以下のように追加します。

options {
    version "unknown";
};

unknownという部分は任意の文字列です。

編集が終わったら、BINDを再起動します。

再度、コマンドを実行してみましょう。

$ dig @dns.example.jp chaos txt version.bind

; <<>> DiG 9.3.6-P2 <<>> @dns.example.jp chaos txt version.bind
; (1 server found)
;; global options:  printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 37859
;; flags: qr aa rd; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;version.bind.                  CH      TXT

;; ANSWER SECTION:
version.bind.           0       CH      TXT     "unknown"

;; AUTHORITY SECTION:
version.bind.           0       CH      NS      version.bind.

;; Query time: 45 msec
;; SERVER: 192.168.1.0#53(192.168.1.0)
;; WHEN: Wed Dec  4 13:52:17 2013
;; MSG SIZE  rcvd: 62

バージョンがunknownになりました。

1,079 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*