Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発

apache URL転送

ホームページの転送はHTMLのmetaタグでも可能ですが、包括的に転送したい場合には不向きです。
そこでapacheの設定で転送するように設定することができます。

apache設定ファイルの「httpd-vhosts.conf」を編集します。

例)http://www.example.jp/というリクエスト要求に対してhttp://www.example.com/に転送します。

<VirtualHost 192.168.0.100>
    ServerName www.example.jp
    Redirect / http://www.example.com/
</VirtualHost>


Redirectディレクティブの書式

Redirect [status] URL-path URL
statusについて
permanent 永久にリダイレクトするステータス(301)を返します。
これはリソースが永久に移動したということを意味します。
temp 一時的なリダイレクトステータス(302)を返します。(デフォルト)
seeother “See Other”ステータス(401)を返します。
これはリソースが他のもので置き換えられたことを意味します。
gone “Gone”ステータス(410)を返します。
これは永久に削除されたことを意味します。※url引数は省略せねばなりません。

例)

Redirect permanent /one http://example.com/two
Redirect 303 /three http://example.com/other

この機能はモジュール「mod_alias」を使用します。

288 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*