Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発

Procmail 本文を取得する

procmailを使って、本文を変数に格納します。

procmailフラグ「b」…メールの本文をアクションに渡す

:0b
{
    BODY = `sed -e ' 1,/^$/ d'`
}

以上で変数$BODYに本文が格納されます。

参考URL: http://jo1upk.blogdns.net/linux/?%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%2Fprocmail%2Fformail

566 views

迷惑メール調査に便利

アグスネット株式会社が運営しているaguse.jp
ウェブやメールのSPAM調査ができます。
http://www.aguse.jp/

455 views

rblsmtpd [ucspi-tcp]

ucspi-tcpパッケージのrblsmtpdのオプション紹介

rblsmtpdはRBL(Realtime Blackhole List)データベースを利用して
スパムメール送信者であるかを判断するプログラムです。

オプション

オプション 説明
-a address addressをアンチRBLデータベースとして利用
-b アドレスがRBLに掲載されている場合、エラーコード533553を返す
-B アドレスがRBLに掲載されている場合、エラーコード451エラーコードを返す(デフォルト)
-c RBLの検索に失敗した場合に接続を拒否
-r address addressをRBLデータベースとして利用
-t n n秒のタイムアウト値を設定

エラーコード533:STMPサーバが送信を拒否
エラーコード553:STMPサーバが送信を拒否
エラーコード451:要求された処理の実行中にエラーが発生したため、処理に失敗。(サーバ側のエラー)
※実際にはデフォルトで553が返されていました。→公式サイトで確認すると553で、私が参考にした書籍が533となっていました。
http://cr.yp.to/ucspi-tcp/rblsmtpd.html [英語]
続きを読む…»

1,040 views

Procmail レシピTips

Procmailにてレベルを定義し振り分けをおこなう方法と
ORによる条件判定の方法。

LEVEL=2

レベル2のとき適用

:0
* $LEVEL ?? 2
{
    # 逆引きできないホストを経由したメールの場合
    :0Hfw
    * ^Received: .*from.*unknown
    | formail -I "X-Spam-Flag: True"
}

続きを読む…»

910 views

エンベロープ【envelope】

エンベロープ(封筒)とは、電子メールメッセージの配送の際にメール本体に付加されるデータで、送信者と宛先の2つあります。
これはメールヘッダーに付加される情報とは異なり、実際の配送に使われる情報です。

送信者はMAIL FROM:、宛先はRCPT TO:となります。
ここに設定される情報は通常、メーラーでは見れないが、
メールヘッダーのReturn-Path:にMAIL FROM:の内容が、Received:にRCPT TO:の内容が記録されていることがあります。
エンベロープの送信者・宛先はメッセージの配送に使われる実際の送信者・宛先であり、ヘッダーに書かれているものとは異なる場合がある。つまりいくらでも詐称することが可能ということである。

789 views