Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発

VBA DAOでカレントレコードの位置を取得・設定する

帳票フォームでカレントレコードの位置を取得・設定できます。
レコードを削除してその位置に戻りたい場合などに便利。

Dim rst As Object
Dim i As Integer

Set rst = Me.Recordset

'カレントレコードの位置を変数に代入(返り値:長整数型)
i = rst.AbsolutePosition

'カレントレコードを1つ先に移動させる
rst.AbsolutePosition = i + 1

Set rst = Nothing

相対位置を取得するPercentPositionというプロパティもあります。
この場合、全体を100とした浮動小数点型が返ります。

10,770 views

VBA DAOでレコード件数の取得

DAOでレコード件数を取得するには、一度MoveLastメソッドを実行しないといけないようです。
※DAO Object Libraryは参照なし

Dim rst As Object

Set rst = Me.Recordset

rst.MoveLast
MsgBox "レコード件数:" & rst.RecordCount

Set rst = Nothing
2,220 views

ACCESS VBA テーブルの削除

テーブルの一覧を取得し、削除します。
※DAO参照はなしで実行できるようにしています。

Dim tbls As Object 'DAO.TableDefs
Dim tbl  As Object 'DAO.TableDef

'テーブル一覧取得
Set tbls = CurrentDb.TableDefs

Dim DelTables As Collection

Set DelTables = New Collection

For Each tbl In tbls

	'「MSys」で始まるテーブルはシステムテーブルなので省きます
    If Not tbl.Name Like "MSys*" Then
        DelTables.Add tbl.Name
    End If

Next

For i = 1 To DelTables.Count
    'テーブル削除
    tbls.Delete (DelTables(i))
Next

MsgBox "削除件数=" & DelTables.Count
5,560 views

参照設定を追加せずDAOを利用する

Dim db As Object
Dim rst As Object

Set db = DBEngine.Workspaces(0).Databases(0)

MsgBox db.Name

Set rst = db.OpenRecordset("テーブルまたはクエリ名")

Do Until rst.EOF
    Debug.Print rst("フィールド名")
    DoEvents
    rst.MoveNext
Loop

rst.Close: Set rst = Nothing
db.Close: Set db = Nothing

OpenRecordsetメソッドにdbOpenDynasetなどの引数を指定したい場合
定数が使用できないので、下記を参考に数値を入力してください。

dbOpenTable 1
dbOpenDynamic 2
dbOpenDynaset 3
dbOpenSnapshot 4

SQL Serverへ接続する場合について(※2016.06.14追記)

SQL ServerのID列を持つテーブルを開くときは、dbSeeChanges(512)オプションを使用するようエラーが発生します。
その場合は以下のように開きます。

Set rst = db.OpenRecordset("テーブルまたはクエリ名", 2, 512)
1,454 views

DAOでレコード検索

Dim dbs As Database
Dim rst As Recordset
Dim strCriteria As String

Set dbs = CurrentDb
Set rst = dbs.OpenRecordset("住所テーブル", _
dbOpenDynaset)

With rst
    strCriteria = "住所 Like '東京*'"
    .FindFirst strCriteria
    Do Until .NoMatch
        Debug.Print !ID, !氏名, !住所, !郵便番号
        .FindNext strCriteria
    Loop
    .Close
End With
905 views