Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発

特殊フォルダ(Windowsフォルダなど)を取得する

構文 Object.GetSpecialFolder(SpecialFolder)

設定項目 内容
Object FileSystemObjectオブジェクトを指定[省略不可]
SpecialFolder 取得するフォルダの種類を定数で指定[省略不可]

GetSpecialFolderメソッドは、Windowsフォルダ、Systemフォルダ、テンポラリフォルダを取得します。
引数には次の表の定数を指定します。

・引数に指定する定数
定数 値 内容
WindowsFolder 0 Windowsフォルダ
SystemFolder 1 Systemフォルダ
TemporaryFolder 2 テンポラリフォルダ。環境変数TMPより取得

サンプルは、Windowsフォルダ、Systemフォルダ、テンポラリフォルダを順に取得して、メッセージダイアログに表示しています。

● サンプル ●

'特殊フォルダ(Windowsフォルダなど)を取得する
'   [ツール]→[参照設定]で「Microsoft Scripting Runtime」をチェック

Sub Sample()
    Dim myFileSystem As New Scripting.FileSystemObject
    MsgBox "Windowsフォルダ: " & _
            myFileSystem.GetSpecialFolder(WindowsFolder)
    MsgBox "システムフォルダ: " & _
            myFileSystem.GetSpecialFolder(SystemFolder)
    MsgBox "テンポラリフォルダ: " & _
            myFileSystem.GetSpecialFolder(TemporaryFolder)
End Sub

● 補足 ●

FileSystemObjectオブジェクトは利用する前に参照設定を行う必要があります。
参照設定は、[ツール]メニューから[参照設定]コマンドを選択して[参照設定]ダイアログボックスを表示します。
ダイアログボックスが表示されたら、一覧から「Microsoft Scripting Runtime」をチェックして[OK]ボタンをクリックします。

1,185 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*