Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発

環境設定 [Androidアプリ開発 #03]

・JDK(Java(TM) SE Development Kit)

1.JDKがインストールされているディレクトリを環境変数「JAVA_HOME」に設定。
変数名:JAVA_HOME
変数値:C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_20(バージョンによる)

2.環境変数「PATH」に「JDKをインストールしたディレクトリ\bin」を追加する。
例)C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_20\bin;

※インストールされていない場合は以下からダウンロード
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

・Android SDKのインストール
http://developer.android.com/sdk/index.html
1.Windowsの「android-sdk_r13-windows.zip」をダウンロード
2.ダウンロードしたファイルを適当な場所に解凍する
 ここでは「c:\android-sdk-windows」とする。
3.「SDK Manager.exe」を実行
 起動後しばらくすると「Choose Package to Install」ウィンドウが表示される
 「Install」をクリック
 ADBがアップデートされたので、ADBを再起動しますか?とメッセージが表示されるので「yes」をクリック

環境変数「PATH」に以下を追加しておく(aaptにパスが通る)
C:\android-sdk-windows\platform-tools

・EclipseでのAndroid SDKのインストールディレクトリの設定
 メニューの[ウィンドウ]-[設定]から表示されるダイアログで
 左のツリー表示にてAndroidを選択し、右の「SDK ロケーション」を
 先ほどインストールした「c:\android-sdk-windows」に設定

995 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*