Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発

アプリのローカライズ

ローカライズ…、ソフトウェアなどを他の言語に対応させることを意味します。

Androidを他の言語に対応させたい場合、リソースディレクトリ以下に各言語のディレクトリを作成します。
とりあえず、日本語に対応させましょう。
ここで日本語に対応させるというのは、デフォルトで用意されている「res/values」ディレクトリにある
「strings.xml」ファイルを日本語にしてしまうと、アプリが日本語のみ対応となってしまうことに起因しています。
つまり、ここは英語のまま残しておいて、別途、日本語用のリソースを作成します。

【日本語対応】
「res/values-ja」を作成し、「res/values/strings.xml」をコピーしてきます。
「res/values-ja/strings.xml」を日本語に書き換えます。
以上です。

これで、端末の設定が日本語になっていれば、「res/values-ja」のリソースが読み込まれ
日本語で表示されます。

936 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*