Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発

tcpserver [ucspi-tcp]

ucspi-tcpパッケージのtcpserverのオプション紹介

基本オプション

オプション 説明
-v すべてのメッセージをstderrに出力
-q メッセージをstderrに出力しない
-Q エラーメッセージのみをstderrに出力(デフォルト)


接続オプション

オプション 説明
-b n nに指定した数だけ、接続要求の未処理状態を許可
-B banner ネットワーク接続が確立したら、bannerを送信
-c n nに指定した数を超える同時接続を許可しない
-d リモートホストの応答が遅い場合、データの送信を遅らせる
-D リモートホストへのデータの送信を遅らせない
-g gid 接続を受け取る準備ができたら、gidを有効なグループIDにする
-l ローカルポート番号をstdoutに出力
-o 接続パケット内のIPオプションを変更しない
-O パケットのルーティングのIPオプションを削除(デフォルト)
-u uid 接続を受け取る準備ができたら、uidを有効なユーザーIDにする
-x db ハッシュデータベースdbのルールを使用してリモートクライアントからの
接続を許可/拒否
-x -xオプションで指定されているデータベースが存在しない場合に接続を許可

データ収集オプション

オプション 説明
h DNSを使用してリモートホスト名を検索(デフォルト)
-H DNSを使用してリモートホスト名を検索しない。ポート53については、このオプションを
使用する必要がある
-l localname DNSの代わりにlocalnameを使用してローカルサーバのホスト名を検索
-p DNSの逆引き検索を使用してリモートホストのIPアドレスを検索し、ホスト名と比較する。
一致しない場合には、環境変数$TCPREMOTEHOSTを削除
-P DNSの逆引き検索を使用してリモートホストのIPアドレスを検索しない(デフォルト)
-r リモートホストから$TCPREMOTEINFOのデータを入手(デフォルト)
-R リモートホストから$TCPREMOTEINFOのデータを入手しない。ポート53、113については、
このオプションを使用する必要がある
-t n n秒経過したら、$TCPREMOTEINFOのデータの入手を中止(nのデフォルト値は26)

tcpserverのUNIX環境変数

変数 説明
$PROTO 使用するプロトコル(デフォルトはTCP)
$TCPLOCALIP ドット(.)で区切られた10進表記のローカルホストのIPアドレス
$TCPLOCALPORT 10進表記のローカルTCPポート番号
$TCPLOCALHOST ローカルホストのDNS検索値
$TCPREMOTEIP リモートクライアントのIPアドレス
$TCPREMOTEPORT 10進表記のリモートクライアントのTCPポート番号
$TCPREMOTEHOST リモートホストのDNS検索値
$TCPREMOTEINFO IDENT、TAP、RFC931、またはRFC1413プロトコルを使用してリモートクライアントから
提供された情報文字列
707 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*